投稿者「kaz」のアーカイブ

2019-08-18 情報処理学会 情報教育シンポジウム SSS2019において,題目”Picthon(ピクソン)-Pictogrammingを用いたPython言語の学習環境の提案–”で発表し,優秀発表賞を受賞しました.

情報処理学会 情報教育シンポジウム SSS2019において,題目”Picthon(ピクソン)-Pictogrammingを用いたPython言語の学習環境の提案–”で発表し,優秀発表賞を受賞しました.
Pictogrammingはコマンドに独自の記法を採用していますが,Python言語を使ってPictogrammingを利用できるように拡張しました.

Pythonは動的型付け,マルチパラダイムなどの特徴を有するインタプリタ型のプログラミング言語で,機械学習,データサイエンス,行列演算など,科学技術関連を中心に幅広い分野に関するライブラリが用意されており,近年,最も利用されているプログラミング言語の一つです. 高等学校では2022年度からの次期学習指導要領において,情報の科学的理解を基軸とする「情報I」が必履修科目となリます.2019年5月に文部科学省から公開された情報I教員研修用資料(2019年9月7日現在公開中止中)でも,プログラミング単元の解説にPythonが取り入れられており,時流や政府戦略に沿ったテキスト型プログラミング言語重視の方針が伺えます.


論文はこちらからダウンロードできます.



2019-07-15 情報処理学会学会誌2019年8月号の「2018年度論文賞の受賞論文紹介」のコーナーでピクトグラミングの論文紹介記事が掲載されました.

情報処理学会学会誌2019年8月号(2019年7月15日発行)の「2018年度論文賞の受賞論文紹介」のコーナーでピクトグラミングの論文紹介記事が掲載されました.

ピクトグラミング開発の動機・経緯,開発中の苦労話,今後の展望等がご覧頂けます.記事内で,日中だけでなく,誰もいない真っ暗な深夜の時間帯でも常に私を励ましくれた研究室前の廊下に掲示されている非常口の人型ピクトグラムへの感謝の意を表していますが,いうまでもなく,みなさまへの感謝の意を人型ピクトグラムへ投影した表現であることを申し添えいたします.

2019-06-05 2018年度情報処理学会論文賞および2018年度情報処理学会優秀教材賞を受賞しました.

本日(2019-06-05),情報処理学会総会において,ピクトグラミングの論文で,2018年度情報処理学会論文賞を受賞しました.また,ピクトグラミングの開発 (https://pictogramming.org/)で,2018年度情報処理学会優秀教材賞も受賞しました.

おかげさまで,大学の公式ニュースでも配信されました.

伊藤一成准教授(社会情報学部)が「2018年度情報処理学会論文賞」を受賞(青山学院大学公式サイト)

伊藤一成准教授(社会情報学部)が「2018年度情報処理学会優秀教材賞」を受賞(青山学院大学公式サイト)

2019-06-01 放送大学 TV講座「Webのしくみと応用(’19)」がスタートしました.

放送大学TV講座「Webのしくみと応用」を2015年度から担当しており,新番組となった2019年度(2023年度までの放送予定)からは,主任講師を担当しています.Webの基礎から,ウェブシステム,ソーシャルウェブ,セマンティックウェブ,ウェブマイニング等の応用技術まで幅広くを学ぶ教養科目です. シラバスはこちらです.

放送大学「Webのしくみと応用(’19)」(テレビ科目紹介)

2019年度版の授業動画は近くインターネット公開される予定です.

ゼミ生のページ

ゼミ生からの紹介 このページは、伊藤ゼミに所属しているゼミ生が編集しています。  


 

2015年度の活動記録

2014年12月から1年間の、伊藤ゼミの活動を紹介します。  

2014年11月

ゼミ訪問・面接

2年生の11月頃に、ゼミを訪問してまわります。 今年度は、ゼミ全体の説明の後、上級生が各自のブースにて展示・発表を行う予定です。

2015年3月

ゼミ合宿

2015年度のゼミ合宿は、八王子セミナーハウスで2泊3日で行いました。 全員の自己紹介の後、新3年生と伊藤先生が予め決めてきた合宿での活動内容を発表しました。 新2年生はそれを聞いて誰の活動についていくかを決め、2日目までに何か「動くもの」を作成します。 下記は、昨年度の活動内容です。

  • HTML5・JavaScriptでのWebアプリ作成
  • Scratchでのゲーム作成
  • 様々なセンサーの活用
最終日の3日目には、合宿内での活動の成果を発表します。

4〜7月

社会情報体験演習SA

社会情報学部の1年生の必修授業である「社会情報体験演習」の授業のSAを行います。そのため、火曜日の4,5限は、授業を入れられません。 授業では、Raspberry PiやStuduino、LEAP MOTIONなど様々なデバイスに触れます。SAを通して、デバイスを扱うことが出来るようになり、自らの学習にもつながります。 その様子を紹介した動画がありますので、参照して下さい。

5月

Scratch Day

Scratch Dayとは世界各国で年に一度開催される、教育用プログラミング言語Scratchのお祭りです。 子供達によるプログラミングバトルや、子供たちが自分の作った作品を紹介したり、ワークショップなどが行われました。 私たち伊藤ゼミ有志は、「ざわざわ集団GOSECHO」としてTouch&Tryコーナーに出展し、子供たちにLEGOでの作品をScratchで制御するということを体験してもらいました! Scratch Dayの様子 Scratch Dayの様子

8月

Maker Faire Tokyo 2015

東京ビックサイトにて行われた、ものづくりの祭典である「Maker Faire Tokyo 2015」に、「GOSEICHIO」というサークル名でブースを構え、出展しました。 作品制作のテーマは「盆栽」です。Scratchやなのぼ〜どを利用したゲームや、3Dプリンタで作った盆栽など、様々なものを作りました。 Maker Faire Tokyo 2015 Maker Faire Tokyo 2015

9月〜11月

輪講

今年度は、「情報の信頼性」をテーマに、社会情報学部らしく個人が様々な側面から切り口を見つけ、輪講を行っています。 全員の輪講が終わった日には、みんなでお疲れ様会をしました。

12月〜2016年1月

卒研テーマ決定

4年次で特定課題演習もしくは卒業研究のどちらをやるかの選択をします。 卒業研究を選んだ学生は、冬休みまでにそのテーマを決定させます。

2016年3月

ゼミ合宿

新入生を迎え、初めて研究室全体での活動です。 新3年生はLeapMotionやKinectなどをScratchで制御しておもちゃを作り、新4年生は卒業研究を進めました。
 
 

ゼミ生個人の活動記録

森くんの活動

Google Cardboardで遊んでみました☆ また、3Dプリンターを使ってフィギアやオブジェなどを制作しています。 3D printer 3D printer

山﨑さんの活動

Ichigo Jamを組み立て、動かしてみました。 IchigojamIchigojam完成図 また他にも、OpenCVを使って画像認識ツールを動かしてみました。 ターミナルからPythonでXMLファイルを読み込み、目の位置を取得したり、Macの付属のカメラを使って動いているものを認識したりなどで遊びました。
   ]]>