10/12(火)第4回コンピュータ実習(再履)

今週は繰り返し(ループ)について学びました。
練習では、繰り返しに「もしAならBする。」といった基本形や、「もしAならBする。でなければCする。」といった条件分岐を組み合わせて、足し算や数当てをするプログラムを作成しました。
課題では、乱数を発生させるプログラム、1からnまでの積値を求めるプログラムを作成しました。
今回は、繰り返しを終わらせるための条件分岐を見つけるのが難しいと感じた学生が多かったようです。