おすすめ投稿

ピクトグラムコンテンツ作成環境 Pictogramming (ピクトグラミング)

青山学院大学社会情報学部伊藤研究室では,ピクトグラムコンテンツ作成環境「ピクトグラミング」の開発を進めています.アプリケーションのURLは https://pictogramming.org/ です.用途によって,初学者向けプログラミング学習ツールになったり,情報デザイン学習ツールになったりします.「ピクトグラミング」は,2017年8月に開催された「情報処理学会 情報教育シンポジウム SSS2017」にて,初めて公開し,同時に非常に高い評価を得て最優秀発表賞を受賞しました.その後,情報処理学会2018年度山下記念研究賞,2018年度情報処理学会論文賞,2018年度情報処理学会優秀教材賞を受賞しています.さらには,プログラムをPython言語で記述可能なピクトグラミングの派生環境であるPicthon(ピクソン),JavaScript言語で記述可能なピクトグラミングの派生環境であるJavaScpict(ジャバスクピクト),ビジュアルブロックを使って記述可能なピクトグラミングの派生環境であるBlockPictogramming(ブロックピクトグラミング)など,ピクトグラミングの長所を生かした各種応用アプリケーションを開発しています.これらを総合してピクトグラミングシリーズと呼んでいます.ピクトグラミングシリーズは,情報教育を専門とする研究者から高い評価を受けるとともに,小学校から高等学校までのプログラミング教育の必修化が社会的に注目されている中において幅広く利用されています.
さらには,これらの環境を用いデザイン,プログラミング,コンテンツ,データ処理等の複眼的視点から情報科学を横断的に学習するカリキュラム設計なども行なっています.

2019-08-18 情報処理学会 情報教育シンポジウム SSS2019において,題目”Picthon(ピクソン)-Pictogrammingを用いたPython言語の学習環境の提案–”で発表し,優秀発表賞を受賞しました.

情報処理学会 情報教育シンポジウム SSS2019において,題目”Picthon(ピクソン)-Pictogrammingを用いたPython言語の学習環境の提案–”で発表し,優秀発表賞を受賞しました.
Pictogrammingはコマンドに独自の記法を採用していますが,Python言語を使ってPictogrammingを利用できるように拡張しました.

Pythonは動的型付け,マルチパラダイムなどの特徴を有するインタプリタ型のプログラミング言語で,機械学習,データサイエンス,行列演算など,科学技術関連を中心に幅広い分野に関するライブラリが用意されており,近年,最も利用されているプログラミング言語の一つです. 高等学校では2022年度からの次期学習指導要領において,情報の科学的理解を基軸とする「情報I」が必履修科目となリます.2019年5月に文部科学省から公開された情報I教員研修用資料(2019年9月7日現在公開中止中)でも,プログラミング単元の解説にPythonが取り入れられており,時流や政府戦略に沿ったテキスト型プログラミング言語重視の方針が伺えます.


論文はこちらからダウンロードできます.



2019-07-15 情報処理学会学会誌2019年8月号の「2018年度論文賞の受賞論文紹介」のコーナーでピクトグラミングの論文紹介記事が掲載されました.

情報処理学会学会誌2019年8月号(2019年7月15日発行)の「2018年度論文賞の受賞論文紹介」のコーナーでピクトグラミングの論文紹介記事が掲載されました.

ピクトグラミング開発の動機・経緯,開発中の苦労話,今後の展望等がご覧頂けます.記事内で,日中だけでなく,誰もいない真っ暗な深夜の時間帯でも常に私を励ましくれた研究室前の廊下に掲示されている非常口の人型ピクトグラムへの感謝の意を表していますが,いうまでもなく,みなさまへの感謝の意を人型ピクトグラムへ投影した表現であることを申し添えいたします.

2019-06-05 2018年度情報処理学会論文賞および2018年度情報処理学会優秀教材賞を受賞しました.

本日(2019-06-05),情報処理学会総会において,ピクトグラミングの論文で,2018年度情報処理学会論文賞を受賞しました.また,ピクトグラミングの開発 (https://pictogramming.org/)で,2018年度情報処理学会優秀教材賞も受賞しました.

おかげさまで,大学の公式ニュースでも配信されました.

伊藤一成准教授(社会情報学部)が「2018年度情報処理学会論文賞」を受賞(青山学院大学公式サイト)

伊藤一成准教授(社会情報学部)が「2018年度情報処理学会優秀教材賞」を受賞(青山学院大学公式サイト)

2019-06-01 放送大学 TV講座「Webのしくみと応用(’19)」がスタートしました.

放送大学TV講座「Webのしくみと応用」を2015年度から担当しており,新番組となった2019年度(2023年度までの放送予定)からは,主任講師を担当しています.Webの基礎から,ウェブシステム,ソーシャルウェブ,セマンティックウェブ,ウェブマイニング等の応用技術まで幅広くを学ぶ教養科目です. シラバスはこちらです.

放送大学「Webのしくみと応用(’19)」(テレビ科目紹介)

2019年度版の授業動画は近くインターネット公開される予定です.

2018年度情報処理学会優秀教材賞を受賞することになりました.

情報処理教育に関して優れた教材の開発を行った情報処理学会正会員を表彰する,情報処理学会優秀教材賞(2018年度)を受賞することが決まりました.

年間の研究会,シンポジウムの中から特に優秀な論文に与えられる2018年度情報処理学会山下記念研究賞,機関誌に発表された論文のうち,特に優秀な著者に授与される2018年度情報処理学会論文賞に続けての受賞です.

2018年度情報処理学会論文賞を受賞することになりました.

情報処理学会論文誌「教育とコンピュータ」に2018年6月掲載された「ピクトグラミング – 人型ピクトグラムを用いたプログラミング学習環境」が2018年度情報処理学会論文賞を受賞することになりました.2018年度情報処理学会山下記念研究賞に続けての受賞で大変光栄です.